おとなの伝言板
(不適切な書き込みは管理人の判断により強制削除致します。おとなの振る舞いをお願いします。)

掲示板トップ | 過去ログ | RSS

名前(必須)
メール(任意)
件名(必須)
画像/ファイル
削除キー
(次のページで投稿内容をご確認いただきます)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 [過去ログ]
117. 国民の意思を示すときがきた - きたのまたさぶとう - 2017/10/20(Fri) 07:30 - [削除]

いよいよ投票日が近づいてきた。
いままでの安倍政権の強引なやり方を
このまま認めるのか、それよも認めないのか。
それが問われている選挙だ。
このまま自民党の独裁、安倍政権の独裁を認めるならば、
もはや日本は、中国や北朝鮮となんらかわらない国になる。
それを認めるのか、認めないのか。
国民の意思を示すときだ。


116. 安倍首相 にやけ顔隠せない - きたのまたさぶろう - 2017/10/15(Sun) 05:48 - [削除]

希望の党の出現で、一時は顔面蒼白、小便ちびりそうになった安倍首相。
しかし、東京都議選で、大勝利を経験した小池に、おごりが出た。
総選挙で勝利した後のことを考えてしまったのだ。
自分が総理になったとき、リベラル派の人たちが邪魔になると考えた。
そして小池の口から「選別」「排除」という言葉が出た。
これが吹き始めた希望旋風に冷や水を浴びせることとなった。
「希望の党」は「失望の党」へと成り下がってしまった。
哀れなのは、民進党という泥船から魂を売って希望の党に乗り移った人たちだ。
これで生き延びられると思っただろうが、乗り移った先も「泥船」だった。
果たして、何人生き残ることができるか。船頭の前原の罪は重い。
そんな野党のドタバタ劇を見て、安倍首相の顔は緩みっぱなしだ。
嬉しくてたまらないのだろう。
まだ選挙は終わっていないので、なんとか引き締めてようとするが、
お思わず、顔がにやけてしまうようだ。
早くも、選挙後の自分の続投に思いを馳せている。
これで、後は「横田めぐみ」さんをうまく政治利用して人気を取り戻せば、
これまでの行いは、チャラにできると思っている。
これで集団的自衛権の行使容認もそれに伴う安保法制改定も共謀罪法も
国民から信任が得られた。
後は、憲法を改正して自衛隊を明記、いや、いっそのこと、
9条2項は削除して国防軍保持まで行ってしまおうか。
などと、思いを馳せているかもしれない。
ご立派です。安倍首相!








115. 自民党圧勝の予測 - きたのまたさぶろう - 2017/10/13(Fri) 12:16 - [削除]

たぶん自民党が勝つだろうとは思っていたが、
圧勝までいくとは思っていなかった。
「戦争ができる国」にするかどうかを決める選挙。
ほんとうに「戦争ができる国」していいのか。
「年寄りたち」が決めた戦争に、実際に行くのは「若者たち」だ。
「若者たち」よ、選挙に行け!
自分たちの命を「年寄り」どもに預けてはならない。



114. 今日も元気で詩織ちゃん - 秋田のゴン太 - 2017/10/09(Mon) 07:01 - [削除]

今日も元気でいこう。
詩織ちゃんを見れば元気になれる。

image/jpeg 131KB
113. 今年の流行語大賞は「お前が国難」 - きたのまたさぶろう - 2017/10/08(Sun) 21:00 - [削除]

安倍首相が都内で「これは国難突破解散です」と街頭演説すると、
「お前が国難」
というヤジが飛ぶようだ。
「対話より圧力だ」と、さらに北朝鮮を煽る発言を安倍首相。
安倍首相の自作自演の「国難」ともいえる。
憲法の解釈変更によって集団的自衛権行使容認とそれに伴う安保法制の改定。
共謀罪の強行採決などなど。
まさに安倍首相自身が「国難」を作りだしているともいえる。
「お前が国難」
なんと単刀直入でわかりやすい言葉だ。
今年の流行語大賞は「お前が国難」で決まりだ。
 




112. 野党の仮面をかぶった与党 - きたのまたさぶろう - 2017/10/08(Sun) 06:35 - [削除]

小池が出現した当初は期待もした。
しかし、小池は野党の仮面をかぶった与党(自民党)だった。
そして、阿倍以上の独裁者だった。
阿倍が首相だろうと、小池が首相だろうと、
われわれ国民は、命と自由をささげることになるだろう。


111. 前原はあの"ユダ"と同じ - きたのまたさぶろう - 2017/10/08(Sun) 06:22 - [削除]

"魂"を売って、民進党から希望の党にくら替えした前原の行為は、
イエス様を裏切った、あの"ユダ"と同じだ。
いくら言い訳を並べようと、もはや誰も信じまい。
前原は、あの"ユダ"と同じ運命をたどるだろう。


110. 今度の総選挙は憲法改正の是非を問う選挙 - きたのまたさぶろう - 2017/10/06(Fri) 07:38 - [削除]

今度の総選挙は憲法改正の是非を問う選挙だ。
自民党も希望の党も、軍隊を持って「普通の国
なるという。
日本が目指してきたのはそんな「普通」の国だったのか?
銃社会のアメリカを見ればわかるろうに
武器をもったら使いたくなるのが人間の本性だ。
9条を改正して軍隊を持ったら使いたくなる。
アメリカのように戦争が日常の国になる。
あとで後悔しても、もう取り返しがつかばくなる。


109. 小池の本性を見たような気がする - きたのまたさぶろう - 2017/10/05(Thu) 20:55 - [削除]

小池は言った。
「私はもう議員はやるつもりはない(首相以外はやるつもりはない)。」
「選別する」
「排除する」
まるで、かつてのドイツ・ナチス政権を思い浮かばせる言葉だ。
小池の本性を見たような気がする。
周囲の人からは「あの人は独裁者だ」という声が漏れ聞こえてくるというが、
やはりそうなのだろう。
「希望の党」を支持する人は覚悟をしたほうがいい。
それは自ら自分の「自由」を差し出すことになる。



108. 小池は極右だ - きたのまたさぶろう - 2017/10/05(Thu) 07:34 - [削除]

小池は言った。
「希望の党は自民党以上の自民党になる」
やはり 小池はうわさ通り極右だ。
安倍以上に右だ。
選挙で当選したいだけで
希望の党に駆け込んだ民主党の人たち。
まさに「魂を売った人たち」だ。
はたして国民はこんな人たちに投票すりのだろうか。
いくら政治家から「愚ろう」と思われている国民でも、
そんなにばかでわない。


107. 「希望の党」は「第二自民党」 - きたのまたさぶろう - 2017/10/04(Wed) 07:34 - [削除]

国民に選択肢を与えるなどと言いながら、
その内実は自民党と変わらない。
選挙終わったら、一緒になりましょうという。
これじゃ、自民党か第二自民党かを選べということだ。
政治家たちの都合しか考えていない。
単なる政治家たちによる政治家たちの権力争いだ。
国民のことなど眼中にない。
実にアホらしい選挙だ。


106. 党を売った男 前原代表 - きたのまたさぶろう - 2017/10/03(Tue) 20:13 - [削除]

今回の前原民進党代表の演じた茶番劇は、まさに歴史に名を残すだろう。
とんだピエロを演じたものだ。
騙した雌狸が悪いのか、だまされた軽率ピエロが悪いのか。
このドタバタ劇で、ますます政治家とう人種が信用できなくなった。
しかし今度の総選挙は、雄狐政権を選ぶのか、
それとも雌狸政権を選ぶのか、という選挙なのか。
おいらは、どちらに投票するのも、ごめんこうむりたい。
こういうときは「ぶれない」あの党しかない。
もっとも、あの党は政権取ることはないだろうし、
取っても欲しくはないが。


105. 小池百合子におごりが見える - きたのまたさぶろう - 2017/10/03(Tue) 07:34 - [削除]

民進党の一部の人々は受け入れない。
「排除する」という言葉を使った小池氏。
そこにはすでにおごりが見える。
もう勝ったかのようだ。
それを見て、少なからぬ国民は、違和感を感じただろう。
今度の総選挙は、都議選のようにはならないだろう。


104. 世の中騒がしいけど - 秋田のゴン太 - 2017/09/29(Fri) 07:27 - [削除]

世の中騒がしいけど
おれは詩織ちゃんだ。
詩織ちゃんが「希望の星」だ。
みんな 詩織ちゃんを応援してへれ。

image/jpeg 134KB
103. 民進党 前原代表の勇気ある決断 - きたのまたさぶろう - 2017/09/28(Thu) 21:20 - [削除]

民進党の前原代表の決断は、もうこれしかないだろうという決断だと思う。
民進党は、もう「死に体」状態だった。
このまま選挙に挑んでも、壊滅的な結果となるのは目に見えている。
一方、希望の党も、まだできたばかりで中身が空っぽ状態の党だ。
選挙までの時間がなさすぎで、多くの候補者の擁立する準備が追いつかない。
今回の前原氏の決断で、ようやく自民党に対峙できる政党ができる。
今日、衆議院は解散した。これで総選挙が楽しくになったきた。
みんな、選挙に行こうぜ!
 




102. 「国難突破」は戦前・戦中に多用された言葉 - きたのまたさぶろう - 2017/09/27(Wed) 20:28 - [削除]

安倍首相の主張する「国難突破解散」。
この「国難突破」という言葉には違和感をおぼえたが、
どうも戦前・戦中によく用いられた言葉らしい。
「国難突破に皇国一致せよ」
「国難突破緊急国民集会」
「未曾有の国難突破へ」
「国難突破へ 総進軍」
などなど。軍国主義の匂いがぷんぷんする言葉だ。
そうか。安倍首相のいう「日本を取り戻す」とはそういうことだったのか。
軍国主義時代の日本に戻るということだったのか。
バカボンのおいらも、やった理解できた。


101. 国難突破解散? - きたのまたさぶろう - 2017/09/26(Tue) 20:26 - [削除]

安倍首相は今回の解散の記者会見で、
「この解散は国難突破解散だ」と強調した。
この「国難」という言葉を聞いて、思わずずっこけてしまった。
なぬ?「国難?」、「自己難」の間違いでないの?

「国よりも党を重んじ党よりも身を重んずる人の群れかな」

1950年に尾崎行雄という政治家が詠んだ歌らしいが、
まさにぴったりだ。
 





100. 安倍政権はすでに戦争を前提? - きたのまたさぶろう - 2017/09/26(Tue) 07:38 - [削除]

安倍首相は国連演説で、北朝鮮とは対話ではなく、
圧力のみだと圧力一辺倒の主張を繰り返した。
その圧力の先にあるのは何か何か。
口にこそ出さないが、安倍首相はすでに戦争を
想定している。
麻生副総理の発言からも、そのことがうかがえる。
軍人のみならず、多くの一般の人々にも甚大な
犠牲者がでるであろう戦争を、安倍政権や自民党は
仕方がないとして肯定 している。
これは恐ろしいことだ。


99. 安倍首相の解散表明の記者会見 - きたのまたさぶろう - 2017/09/25(Mon) 21:06 - [削除]

いやはや、聞けば聞くほど、”しらけ鳥”が飛びまくった記者会見となった。
とってつけたような解散理由。
まさに安倍による安倍のための解散だ。
 


98. アップOK!! - 藤山 豪 - 2017/09/25(Mon) 16:04 - [削除]

 俺、アップしていいよ。

片岡 真哉
北村 満男
美馬 史


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 [過去ログ]


掲示板トップ | 過去ログ | RSS